もう機会なんて大嫌いだ。
人が何時間もかけて書いてた小説をボタン一つで消してくれやがった。
机をしばいた手がいたい。もういやだ。
この前も消えて書き直したのに。
人間ってなあ。何回もおんなじ気持ちになれるわけじゃないんだよ。
小説書いてたときにってのはほんとにその世界に入ってて頭働かして書いてんだよ。
おんなじ文章なんてニ度と書けないんだよ!!!!!!!!!
どうしてくれるんだー。
あーもう。
たまに自分でも泣きそうになるいいものがかけるときがある。
今回のはまさにその兆しがあったのに。
ネト上で書いてんだよ。途中で保存とかできねんだよ。そりゃ手間かけりゃできるけど。
もうなあ、ただでさえ何時間もパソ打ってんだよ。
そのときの感情をぶっつづけで綴りたいからに決まってんだろうがよ。
もーどうしてくれんだよ。最悪だよ。
人の力作を。最近スランプで今回頑張れてたのに。
何消してんだよ。マジねえよ。いいかげんにせーや。
ほんまないわ。
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 木漏れ日サンプル. all rights reserved.